気仙沼の再建に貢献した魚と酒

San Madego: 気仙沼の再建に貢献した魚と酒

どうしてサンマとサンマがメニューにあるのか不思議に思われるかもしれません気仙沼。その港町で獲れた魚の何がそんなに特別で、大阪のレストランが北の島の地域から魚と酒を買うのでしょうか?

2011 年 3 月に、サンマと気仙沼産の酒を買うことを決めたサンマの人生を変える出来事が 1 つありました。それは、東北地方太平洋沖地震と津波です。サンマと日本酒で地域社会が生活を再建するのに役立った、気仙沼での感動的なイベントについて読んでください。

東北地方太平洋沖地震と津波

2011 年、日本史上最強の地震が本州の東北地方を襲い、15,000 人以上が死亡し、450,000 人以上が家を失った破壊的な津波を引き起こしました。津波はまた、有毒で放射性の化学物質を環境に放出する福島の原子力災害を引き起こしました。

気仙沼は、サンマや日本酒を購入して地元の経済を支えるサンマのようなレストラン事業のおかげで、想像を絶する荒廃を生き抜き、そこから前進した東北の都市の 1 つです。

気仙沼の人々が日本酒を救った物語

現在、気仙沼は日本十三大港の一つであり、漁師の町としてにぎわっています。サンマ、マグロ、カツオだけではありません。この漁業コミュニティは、再建を支援した地元の醸造所ビジネスから自家栽培の酒を作っています。

2011 年の津波では、町の地酒ビジネスも破壊されました。男山酒造の事務所と店先は壊滅したが、幸いなことに水線から数メートル以内にあった醸造所は助かった。津波の後、電力も水も労働者もいなかったので、ほとんどプレスして瓶詰めする準備ができていた大量の酒を捨てなければならなかった. 

3 月の厳しい寒さの中、何も持たないコミュニティは、バッチを一緒に完了することを決定しました。皆が四六時中働き、壊れた家屋の残骸で火を起こし、丘から井戸から真水を運び、発電機を使って酒のバッチを完成させようとしました。

彼らは気仙沼のレジリエンスの象徴となり、災害に負けないでお互いを持っていたコミュニティでした。これらは、地元の企業が互いに助け合い、コミュニティの精神が災害後も国の経済を動かし続ける日本の一般的な慣行の一例です。

気仙沼は、まさに魚と酒の素晴らしい物語です。震災に見舞われた遠い漁村でしたが、今ではさんまと美味しいお酒の元です。